【帝王賞2021年】有力馬の見解と予想

帝王賞
スポンサーリンク

この記事では2021年6月30日(水)の大井11Rで行われる【帝王賞】の出走予定馬の見解を記載していく。

帝王賞 有力馬見解

1 ヒカリオーソ 牡5 57 山崎誠士

川崎マイラーから参戦。中止、取り消しも多いので完走を期待。

2 モンゲートラオ 牡4 57 矢野貴之

まだB1クラス。。

3ミューチャリー 牡5 57 御神本訓

大井記念からの参戦、前走は鮮やかな復活劇。かしわ記念ではカジノにぶっちぎられてるが、
昨年の、東京大賞典では差のない競馬。ここは馬券内好走に期待。

4テーオーケインズ 牡4 57 松山弘平

アンタレスは鮮やか差し切り。東京大賞典の時よりは着実に力をつけてきている。

5カジノフォンテン 牡5 57 張田昂

覚醒。かしわ記念でも完勝。川崎記念ではオメガ以下完封。
昨年、東京大賞典での逆転も

6ダノンファラオ 牡4 57 川田将雅

ダイオライト記念では圧勝だった。ただ、大井コースでは、ジャパンダートダービー以来
好走がないので、どう動くか。

7チュウワウィザード 牡6 57 戸崎圭太

ドバイワールドカップ夢を見させてもらった。海外帰りだけが不安だが、帝王賞はここ連続で馬券内。チャンピオンズカップでも完勝と覚醒。悲願の帝王賞制覇も間も無くか。

8オメガパフューム 牡6 57 M.デムーロ

川崎記念では、左回りを克服したか良く2着。ただ昨年と比べると、叩きからの参戦ではないので
この臨戦過程がどう出るか。もちろん大井コース◎ 右回りでの堅実な走りは○

9フレアリングダイヤ 牡6 57 和田譲治

A2クラス。

10オーヴェルニュ 牡5 57 福永祐一

中京コースでは、無類なる強さを発揮。大井コースは初なのでどのようなレースをするか。

11ノンコノユメ セ9 57 真島大輔

ノンコの夢を見させてもらった時期もあったが、年齢もあり無事に走ってくれることを。

12マルシュロレーヌ 牝5 55 森泰斗

前走は、牡馬相手に、良く伸びてきた。エンプレス杯でも完勝。昨年大井レディが人気を裏切ったが、大井コースは相性良さそう。

13クリンチャー 牡7 57 C.ルメール

ここ2走は、佐賀、名古屋と地方にて力の違いを披露。初大井がどう出るかだが、
ルメールJとのコンビでどこまで逃げ、先行し粘れるか。

最終予想

チュウワウィザードが悲願の初帝王賞制覇。を期待したい

地方馬の底力で逃げ残る、カジノフォンテン。差し迫るミューチャリー。
大井コース相性の良い、オメガパヒューム

馬連

7-3,5,8

コメント