【ラジオNIKKEI賞2021年予想】過去データから傾向を読み解く

ラジオNIKKEI賞
スポンサーリンク

この記事は2021年7月4日(日)福島競馬場11Rで開催されるG3ラジオNIKKEI賞のデータ傾向を読み解いている。

 

福島・芝1800メートルホームストレッチの半ばからスタートするレイアウトで、スタート地点から1コーナーまでの距離は約300メートル。決勝線を過ぎたあたりから1コーナー、2コーナーにかけて緩やかに下っていく。向正面(残り1000メートル付近)で上り坂があり、3コーナーから4コーナーにかけてほぼ平坦。4コーナー半ばから直線の入り口まで緩やかに下っていく。直線距離は292メートル(Aコース使用時)で、ゴール前に上り坂がある。スピードの持続力に加えて、インで器用に立ち回る能力を兼ね備えた馬が好走しやすいコースだ。

 

負担重量別成績(過去9年)

負担重量 成績 勝率 連対率 3着内率
52kg以下 0-0-1-21 0% 0% 4.50%
53kg 1-2-5-29 2.70% 8.10% 21.60%
54kg 5-3-2-31 12.20% 19.50% 24.40%
55kg 1-4-0-8 7.70% 38.50% 38.50%
56kg以上 2-0-1-17 10.00% 10.00% 15.00%

 

前走別成績(過去9年)

前走 成績 勝率 連対率 3着内率
JRA重賞 2-3-2-32 5.10% 12.80% 17.90%
オープン特別 3-2-1-21 11.10% 18.50% 22.20%
2勝クラス 1-0-2-8 9.10% 9.10% 27.30%
1勝クラス 3-4-4-44 5.50% 12.70% 20.00%
地方のレース 0-0-0-1 0% 0% 0%

 

前走がJRA重賞だった馬の、前走の着順別成績(過去9年)

前走の着順 成績 勝率 連対率 3着内率
5着以内 0-0-0-6 0% 0% 0%
6着以下 2-3-2-26 6.10% 15.20% 21.20%

 

前走がオープン特別だった馬の、前走の着順別成績(過去9年)

前走の着順 成績 勝率 連対率 3着内率
3着以内 3-2-0-8 23.10% 38.50% 38.50%
4着以下 0-0-1-13 0% 0% 7.10%

 

枠順別成績

条件 1着 2着 3着 着外 勝率 連対率 複勝率
1 2 1 1 12 12.5 18.8 25
2 2 3 4 7 12.5 31.3 56.3
3 1 1 2 13 5.9 11.8 23.5
4 0 0 0 18 0 0 0
5 1 2 1 15 5.3 15.8 21.1
6 2 2 0 15 10.5 21.1 21.1
7 1 0 1 18 5 5 10
8 1 1 1 16 5.3 10.5 15.8

 

人気別成績

条件 1着 2着 3着 着外 勝率 連対率 複勝率
1番人気 2 3 1 4 20 50 60
2番人気 4 0 0 6 40 40 40
3番人気 1 1 0 8 10 20 20
4~6番人気 1 1 4 23 3.4 6.9 20.7
7~9番人気 2 4 3 21 6.7 20 30
10~12番人気 0 0 1 29 0 0 3.3
13~15番人気 0 1 0 18 0 5.3 5.3
16~18番人気 0 0 1 5 0 0 16.7

 

まとめ

斤量を見るとハンデ戦のため、トップハンデの馬は成績が微妙だ。ただおもしろいことに52キロ以下の馬も成績がふるわない。53,54,55キロの馬を狙っていきたい。

 

前走レースを見るとどのクラスからもバランスよくきている。

その中でも重賞組は順位が低かった馬が来て、オープン馬は順位が高かった馬が来ている。

今回前走オープン馬は全頭4着以下なので不利なデータとなる。

 

枠でいうと内枠有利か。

 

人気別で見ると荒れやすい傾向。昨年、一昨年は馬場がやや重、不良なのもあって上位人気馬が吹き飛んだ。

 

今年の馬場状態はよくチェックする必要がありそう。

 

いつも応援ありがとな!

コメント