【ジャパンダートダービー2021年】有力馬の見解と予想

ジャパンダートダービー
スポンサーリンク

この記事では2021年7月14日(水)の大井11Rで行われる【ジャパンダートダービー】の出走予定馬の見解を記載していく。

ジャパンダートダービー 有力馬見解

1  ダノンブレット 牡3 56 横山典弘

JRA:前走は東京2100mを完勝。未勝利から1勝クラスまで勝ち味が遅かったものの、距離的性は
一番ありそうか。

2 リプレーザ 牡3 56 幸英明

JRA:兵庫チャンピオン勝ち馬。ゴットセレクションを横目に差し切り、完勝。
1200、1400と好走していた芝ダート共に走れる力がある。距離延ばしても余裕だったことから
相当な能力の持ち主か。

3 セイカメテオポリス 牡3 56 矢野貴之

大井:東京ダービーでは上位人気に支持されたものの、見せ場がなった。この先力をつけていきたい。

4 キラカイドウ セ3 56 的場文男

大井:的場様見せ場を作れるか。前走は勝ち方は良かったが、タイムが平凡。

5 ジョエル 牡3 56 張田昂

船橋:東京ダービーでは惜しい4着。見せ場はあったので中央馬相手にどこまで迫れるか。

6 ブライトフラッグ 牡3 56 本橋孝太

船橋:東京ダービーでは見せ場たっぷり。4着のジョエルより面白い存在か。

7 ウェルドーン 牝3 54 武豊

JRA:牝馬ながらの挑戦。ジャパンダートダービー初制覇なるか。
前走の関東オークスは2冠馬ケラスヴィアの逃げを伺いながら、2番手差し切り完勝。
さあここでの大一番。

8 ロングラン 牡3 56 大野拓弥

JRA:中央馬の中ではこの馬が一番序列が低いか。好走続くのがないので期待は、、

9 ギガキング 牡3 56 和田譲治

大井:東京ダービーでは、アランバローズ相手に果敢に2番手積極策。最後は失速したものの、
今度は逃げるか。

10 スマッシャー 牡3 56 坂井瑠星

JRA:ユニコーンSは低評価。内枠ながらも完勝。差し脚強烈。距離も伸びて◎
昨年はダノンファラオで制覇した若武者、坂井瑠星ジョッキー2年連続なるか。
大いに期待したい。

11 ロードシュトローム 牡3 56 松山弘平

JRA:こちらも芝、ダートと試されながら参戦。前走は牝馬ウェルドーンに完敗。。
松山ジョッキーに戻ってどこまで見せれるか。

12 キャッスルトップ 牡3 56 仲野光馬

船橋:連勝中だがこの先より力をつけていきたいか。

13 ゴッドセレクション 牡3 56 中井裕二

JRA:前走は勝ち目前の中、リプレーザに差し切り負け。
今度は逆転狙いたい。安定して前目につけられる持ち味を発揮したい。

最終予想

◎7番ウェルドーン
○10番スマッシャー
▲13番ゴットセレクション
△2番リプレーザ
△11番ロードシュトローム
△6番ブライトフラッグ
△5番ジョエル

ジャパンダートダービー、牝馬による初制覇を見てみたい。
武豊ジョッキーレジェンドの手腕をこの大井で。

馬連
7-10.13.2.11.6.5

三連複
7.10-7.10-13.2.11.6.5

ワイド
7-10

コメント