【中京記念2021年予想】過去データから傾向を読み解く

中京記念
スポンサーリンク

この記事は2021年7月18日(日)小倉競馬場11Rで開催されるG3中京記念のデータ傾向を読み解いている。

スタート後、1コーナーまでの距離は300メートル弱と短め。先行争いが激しくなるケースもあるが、決勝線から2コーナー入り口にかけては上り坂のため、ここでペースが落ちることが多い。2コーナーから向正面、3コーナーから4コーナーにかけて下り、直線は平坦。前半に無理せず好位置を取れる馬か、インコースで脚をためる競馬のできる馬が好走しやすい。

前走の着順別成績(過去9年)

前走着順別成績
前走の着順 成績 勝率 連対率 3着内率
1着 3-1-5-11 15.0% 20.0% 45.0%
2着~5着 2-3-2-43 4.0% 10.0% 14.0%
6着以下 4-5-2-65 5.3% 11.8% 14.5%

前走が6着以下だった馬の、前走別成績(過去9年)

前走が6着以下だった馬の、前走別成績
前走 成績 勝率 連対率 3着内率
GⅠ 2-1-0-15 11.1% 16.7% 16.7%
GⅡ 1-1-1-6 11.1% 22.2% 33.3%
GⅢ 0-0-1-21 0% 0% 4.5%
オープン特別 1-3-0-23 3.7% 14.8% 14.8%

小倉・芝1800メートルコースの枠番別成績(2011年7月から2021年6月)

小倉・芝1800メートルコースの枠番別成績
枠番 成績 勝率 連対率 3着内率
1枠 50-49-47-419 8.8% 17.5% 25.8%
2枠 57-38-49-464 9.4% 15.6% 23.7%
3枠 38-42-37-518 6.0% 12.6% 18.4%
4枠 40-48-45-527 6.1% 13.3% 20.2%
5枠 58-53-45-532 8.4% 16.1% 22.7%
6枠 38-63-56-557 5.3% 14.1% 22.0%
7枠 49-45-48-595 6.6% 12.8% 19.3%
8枠 51-43-54-600 6.8% 12.6% 19.8%

過去9年の中京記念では前走1着馬の好走が目立っている。なかでも前走でオープン特別を勝利していた馬は〔3・1・4・3〕の好成績だ。意外に不振なのは前走が2着から5着だった馬

前走で6着以下に負けていた馬の巻き返しがみられるのもハンデ重賞・中京記念の特徴だ。2020年メイケイダイハード(前走11着)、2019年グルーヴィット(前走10着)と、前走で10着以下に敗れていた馬がここ2年連続で優勝している。

今年の中京記念が行なわれる小倉・芝1800メートルコースは、スタートから1コーナーまでの距離が短い(約270メートル)。そのため、内枠に入った馬が距離ロスのないレースをしやすく、データを見ても内寄りの枠の3着内率がやや高く出ている。

コメント