【函館2歳ステークス2021年予想】全頭診断

函館2歳ステークス
スポンサーリンク

この記事では2021年7月17日(土)の函館11Rで行われるG3【函館2歳ステークス】の出走予定馬の診断をしていく。

当たると評判のタマトのワイドはこちらの紹介文にて公開中!

函館2歳ステークス 2021年 全頭診断

1 グランデ 牡2 54 坂井

まだ未勝利。まずは1勝目を目指したいところか。

2 フェズカズマ 牡2 54 横山和

ダートからの参戦、歴史的にもダートからは連対はあるもの厳しい条件。ここは試金石。

3 イチローイチロー 牡2 54 池添

とにかく名前が印象的だ。大混戦の中1着に駆け抜けた。タイムは平凡も、根性はあるか。
2戦目でどこまで戦えるのか。

4 ポメランチェ 牝2 54 藤岡佑

今年の主役はこの馬でしょう。従来の2歳コースレコードを1秒も短縮する1分07秒9で快勝。
スピードの桁違い、まだ2歳ながらどこまで快速を飛ばせるか。今後にも期待だ。

5 カワキタレブリー 牡2 54 加藤

新馬戦勝ちだったが、距離はもう少し伸びた方が競馬がしやすそうな印象を受けた。どこまで。

6 カイカノキセキ 牝2 54 鮫島駿

圧巻の1,000mのレコードだったが、札幌はかなりの高速馬場だったか。ただ距離延長組も相性がいいためスピードもあるのでここは印を打ちたい。

7 ラブミードール 牝2 54 古川吉

地方から参戦。コパノリッキー産駒の注目地方馬だ。

8 トーセンヴァンノ 牡2 54 武豊

まだレースには勝ち上がれてないものの、果敢な参戦。まずは1勝目を目指したいところか。

9 メリトクラシー 牝2 54 ルメール

今年の種牡馬の主役、シルバーステートの子供が早くも重賞へ。良馬場発表ながらも雨が降っていた馬場の中逃げ切った。シルバーの子供は今後期待。

10 リトス 牝2 54 亀田

新馬戦では逃げの手だったが、2戦目では差す形。自在な戦法は重賞では武器になる。見ながら
上位を狙えるか。

11 ナムラリコリス 牝2 54 泉谷

新馬戦ではポメランチェと戦って2着に負けている、ただ2戦目はすぐに勝ち上がり、まして控えて
素直な競馬ができていた。もし足元を救えれば逆転も行けるか。

 

いつも応援ありがとな!

コメント