【函館2歳ステークス2021年予想】過去データから傾向を読み解く

函館2歳ステークス
スポンサーリンク

この記事は2021年7月17日(土)函館競馬場11Rで開催されるG3函館2歳ステークスのデータ傾向を読み解いている。

向正面ポケットからのスタートで、3コーナーまでの直線距離は489mの上り。そこからゴールまでは
下りである。直線が262mと短いため、先行できない馬は外を回らされて距離のロスが大きくなる。
必然的に内枠が有利だが、各ジョッキーはインへの意識が強くなるため、
内枠の差し馬が馬群に包まれたままレースが終わってしまう場面も多く見られる。

前走別成績(過去10年)

前走別成績
前走 成績 勝率 連対率 3着内率
新馬 8-7-8-75 8.2% 15.3% 23.5%
未勝利 2-3-1-28 5.9% 14.7% 17.6%
オープン特別 0-0-1-2 0% 0% 33.3%
地方競馬 0-0-0-19 0% 0% 0%

前走の距離別成績(過去10年)

距離成績
前走の距離 成績 勝率 連対率 3着内率
芝1000m 2-0-0-13 13.3% 13.3% 13.3%
芝1200m 8-7-9-73 8.2% 15.5% 24.7%
芝1400m以上 0-2-1-4 0% 28.6% 42.9%
ダート戦 0-1-0-34 0% 2.9% 2.9%

過去10年の前走別成績を調べると、3着以内馬30頭中23頭は前走で新馬戦を勝っていた馬。
地方馬の好走は見られないので、新馬勝ちを素直に選ぶべきか。

距離は芝1,000mの距離延長が勝率は高いが、連対率含め、軸とするべきは新馬1,200mと同条件のコースを走った新馬勝ちの馬から選ぶのが良いか。

コメント