【小倉2歳S 2021年】有力馬診断

小倉2歳S
スポンサーリンク

この記事では2021年9月5日(日)の小倉11Rで行われるG3【小倉2歳S】の出走有力馬の診断をしていく。

小倉2歳S 2021年 有力馬診断

1 シュンメキラリ 牝2 54 秋山

ひまわり賞では新馬戦の勝ちっぷりから1番人気に押されたが、、惨敗。
タイムも遅く、、巻き返しは容易ではないか。

2 ソリッドグロウ 牝2 54 岩田康

函館にて新馬戦、圧勝の勝ちっぷり。相手関係がまだ読めないが、
ここまで引き離したのは素質がある証拠。

3 ショウナンマッハ 牡2 54 松山

小倉の新馬戦では、良い勝ちっぷり、タイムも1分8秒代
もう少し時計が詰めれるかだが、内容を見るとここでも通用するはずだ。

4 インプロバイザー 牡2 54 松若

小倉同条件で未勝利勝ち。高速馬場にせよ1分7秒代で勝ち上がったのは素質がある。

5 デュガ 牡2 54 武豊

サイバーエージェント、藤田晋氏の馬。デビュー戦で何と、フェニックス賞に参戦。
見応えある3着ではあったが、、未勝利で重賞挑戦はハードルが高いか。
それでも期待、ワクワクするような挑戦である。

6 エトワールジェンヌ 牝2 54 国分優

ダートで勝ち上がり、ここでは狙えないか。

7 スリーパーダ 牝2 54 福永

シンハライトの妹。ただ馬格が398キロともう少し馬体を増やしたいか。。
良血ながらももう少し成長を見て今後狙いたい。

8 ブレスレスリー 牝2 54 藤岡康

中京1400新馬戦での勝ち馬。馬格が小さいが逃げたら止まらない。勝負根性
同型も多いため、どのようなレースをするかだ。

9 ナムラクレア 牝2 54 和田竜

フェニックス賞の勝ち馬。ただ当時は不良馬場での勝ち。
良馬場でのレースはいかに、、

10 アネゴハダ 牝2 54 幸

新馬戦はダート勝ち馬。ここは芝の適性があるかは判断難しい。

コメント