【新潟記念 2021年】有力馬診断

新潟記念
スポンサーリンク

この記事では2021年9月5日(日)の新潟11Rで行われるG3【新潟記念】の出走有力馬の診断をしていく。

新潟記念 2021年 有力馬診断

2 ザダル 牡5 57.5 石橋脩

前走エプソムカップでは見事に1着。実力だけで見ればここは上位。

ただ前走から斤量1.5kg増は気になるところ。軸にするのは危ういか。

3 ショウナンバルディ 牡5 55 戸崎圭

G3連続4レース目。2着、3着、5着と安定して走れている印象。

鞍上が戸崎というのもプラスと見ていいだろう。

新潟は今までに1回だけ走っており、不良馬場だが16着と凡走。

新潟は苦手と見るのは早計だが気になるところではある。

ちなみに2着、3着となった時のレースはどちらも9番人気。今回も9番人気。

これも気になるところ。

5 リアアメリア 牝4 55 川田

久しぶりに川田とタッグを組む。前走ヴィクトリアマイルでは13着と凡走したが、前走レベルだけで言えば今回のメンバーの中では一番レベルが高かったと言える。相手が弱くなっただけにここで巻き返せるか。

6 パルティアーモ 牝5 52 横山武

斤量52kg、鞍上横山武というのは魅力的。

前走メトロポリタンステークスでは2着だが、1着のゴールドギアがG2目黒記念で5着と健闘していた。

新潟も得意。初めての重賞で斤量に恵まれているここはチャンスか。

13 クラヴェル 牝4 52 横山典

G3連続で複勝圏内。横ノリは凡走かますことが多いが、斤量が低い時は活躍することレースが目立つ。

新潟1着の経験もあるので新潟競馬場は合っているか。

17 トーセンスーリヤ 牡6 57.5 横山和

直近ではG2やG3レースに参加。前走函館記念では重賞で勝利できた。

前々走の新潟大賞典でも4着と新潟競馬場は合っていると言える。

ただ、ザダルと同じく57.5kgのトップハンデ。

軸にするのは思い切りが必要か。

大外というのも気になるところ。

 

コメント