【ローズS 2021年】有力馬診断

ローズS
スポンサーリンク

この記事では2021年9月19日(日)の中京11Rで行われるG2【ローズS】の出走有力馬の診断をしていく。

ローズS 2021年 有力馬診断

1 イリマ 牝3 54 幸

小倉で連勝しここに挑む、勝ち方も鮮やかだったが、重賞クラスだと力をつけていきたいか。

2 エンスージアズム 牝3 54 岩田望

春のGIでは見せ場なく、、ただフラワーCでは、ユーバーレーベンを鼻差凌いで、2着。
一定の力はある。春を越して成長してるか。

3 アイコンテーラー 牝3 54 亀田

新潟で連勝したが重賞で見せ場なく、、今後力をつけていきたい。

4 スパークル 牝3 54 藤岡佑

春はマイルを中心に、ニュージーランドでは見せ場なかったが、夏、小倉で1勝。
力をつけてどこまでやれるか。

5 クールキャット 牝3 54 ルメール

昨年6月のメイクデビュー東京(芝1400メートル)は2馬身差で快勝。2着はソングライン。
前々走のフローラSで重賞初制覇。オークスでは果敢に逃げるも、展開も恵まれず、14着惨敗。
ルメールジョッキーとは2戦2勝と相性が○ 巻き返して秋華賞に挑めるか。

6 メイショウオニユリ 牝3 54 池添

札幌、函館で使われてきた。ここでどこまで。

7 ストゥーティ 牝3 54 吉田隼

新馬戦ではレッドベルオーブに勝ち切る。チューリップ賞3着、桜花賞でも見せ場たっぷりの7着。
夏は、小倉で使われタガノディアーナに負けるも、前走は不良馬場で圧勝。相手なりに走れる強みあり。

8 オータムヒロイン 牝3 54 古川吉

2勝クラスだ、、

9 タガノパッション 牝3 54 岩田康

スイートピーSでは鮮やかな差し切り勝ち。オークスの権利を獲得。オークスでも追い込み一閃
このメンバーで最上位。オークス4着。春の実績NO,1

10 エイシンヒテン 牝3 54 松若

逃げてどこまで。

11 プリュムドール 牝3 54 武豊

未勝利、1勝クラスと連勝。未勝利を勝つまで7戦要したが、本格化か。
ただここでは様子を見たい。

12 アンドヴァラナウト 牝3 54 福永

母グルヴェイグ、母の母エアグルーブ、父はキンカメ。超良血馬。
前走は新潟1勝クラスだったが、1分58秒2で完勝。ここにきて本格化の兆し。
春の実績馬相手に、どこまでやれるか。

13 コーディアル 牝3 54 鮫島駿

福島、小倉と使われてきた。馬体も490前後とがっつりしてる。今後、楽しみな馬。

14 アールドヴィーヴル 牝3 54 松山

クイーンCで2着。小柄な牝馬ながら、馬体を減らしても桜花賞、オークスともに5着。
掲示板を確保。馬体増が望ましいが、春の実績○からもここは良い形で走り終えたい。

15 オパールムーン 牝3 54 横山典

ファンタジーSでの追い込みは強烈だった。距離が長いか、短距離路線で。

16 タガノディアーナ 牝3 54 和田竜

チューリップ賞、忘れな草賞で人気支持されるも権利も取れず、、
春の無念を夏小倉、新潟と使われてきた。ただ、、春のメンバーと比較した際にどこまで。

17 オヌール 牝3 54 川田

全姉はデゼル。世界的良血。春は連勝しオークス目指し、フローラ出走も見せ場なく、
馬体が鍵だが成長しどこまで。ぜひ秋華賞に出走したい。

18 レアシャンパーニュ 牝3 54 浜中

小倉1勝クラスで追い込み一閃。ただ展開もはまったか。まだ力をつけていきたい。

 

コメント