【産経賞オールカマー2021年】有力馬診断

産経賞オールカマー
スポンサーリンク

この記事では2021年9月26日(日)の中山11Rで行われるG2【産経賞オールカマー】の出走有力馬の診断をしていく。

産経賞オールカマー 2021年 有力馬診断

1 ウインマリリン 牝4 55 横山武

前走、天皇賞5着からの参戦。中山競馬場との相性もいい。AJCCでは6着だったが不良馬場というのもあったのでノーカウントでいいだろう。鞍上も横山武史が継続なので悪実に抑えておきたい1頭。

2 ウインキートス 牝4 55 丹内

直近の重賞の成績では目黒記念で1着だが、52kgハンデがあってこそ。今回は55kgというのを考慮すると買うのはどうか。

6 ランブリングアレー 牝5 54 戸崎圭

前走、ヴィクトリアマイル2着からの参戦。中山も経験済みで問題はない。ただ唯一の不安が距離か。今まで2000mが最高距離のところ今回が2200m。2000mの成績が(1,3,0,2)なので距離はギリギリ持ちそうではある。差し馬なので「小回りの中山で最後差しきれない」パターンがあるかもしれないのは考慮しておこう。

10 キングオブコージ 牡5 56 横山典

約1年ぶりのレース。ここは叩きの可能性が高い。

11 グローリーヴェイズ 牡6 57 Mデム

実力はある。海外遠征帰り。ただ休み明けがあまり走れる馬じゃない。

ここは叩きの可能性が高い。

12 レイパパレ 牝4 56 川田

実力も脚質も鞍上もなにもかも文句がつけられない。軸として最高ではないか。

16 ステイフーリッシュ 牡6 56 横山和

安定の走りが定評。中山は5回走って着外は不良馬場だったAJCCのみ。

休み明けなのが気になるが穴としては面白い1頭だと言える。

 

コメント