【シリウスステークス2021年】有力馬診断

シリウスステークス
スポンサーリンク

この記事では2021年10月2日(土)の中京11Rで行われるG3【シリウスステークス】の出走予定馬の診断をしていく。

当たると評判のタマトのワイドはこちらの紹介文にて公開中!

シリウスステークス 2021有力馬診断​

1 ダノンスプレンダー 牡5 56 川田

昨年のシリウスステークスでは4着。直近3走の重賞では馬券内にこれなかったが、どれも重馬場、不良馬場だった。これはカウントしない場合は今回が一番期待できると言える。

2 ブルベアイリーデ 牡5 57 福永

前走は快勝。今回は57kgと1kg増えてしまうが、2走前、3走前では57kgを背負っていたのを考えると今回は問題ではないだろう。

実力を出し切れれば馬券内はかたそう。

3 ロードリバーサル 牡5 54 吉田隼

特筆していい点はないが、1点気になるのは斤量。54kgを背負うのは2年ぶり。斤量のハンデで前残りが起こる可能性はあるかもしれない。

6 ゴッドセレクション 牡3 54 中井

JDD2着からの参戦。シリウスステークスの3歳は1番成績がいい。まだ古馬と戦っていないのが不安要素だが、大きく崩れるということはなさそう。

8 サンライズホープ 牡4 56 幸

比較的安定して走れている。まだ重賞経験が浅いので展開の助けは必要か。

9 ケイティブレイブ 牡8 58.5 内田博

実績は素晴らしいがトップハンデの58.5kgは厳しいものがある。

10 ハヤヤッコ 牡5 57.5 田辺

調教もよく、今は流れに乗っている。斤量も前走より0.5kg減。ただ中京走れるかが不安要素か。

11 ウェスタールンド セ9 58 藤岡佑

斤量58kgは今まで背負ってこなかった斤量。初めての斤量に対応できるか。

12 サクラアリュール 牡6 55 藤岡康

昨年の2着馬。最近は成績が微妙なだけに買いづらいか。2走前、3走前が中京で走っているのに馬券買いなのは不安要素。

コメント