【第100回凱旋門賞】基本情報

凱旋門賞
スポンサーリンク

・基本情報

凱旋門賞(G1、芝2400メートル)は、芝2400メートル路線における世界最高峰のレース。今年の総賞金500万ユーロ(約6億3000万円)はヨーロッパナンバーワンを誇る。出走条件は3歳以上の牡馬と牝馬となっており、せん馬の出走が禁じられているのは、優秀な繁殖馬を選定するという意味合いを持たせるためだ。

1920年に創設され、今年で100回目を迎える凱旋門賞(1939年、1940年は開催なし)は、これまでリボー(1955年、1956年連覇)、シーバード(1965年)、ミルリーフ(1971年)、ダンシングブレーヴ(1986年)、ラムタラ(1995年)、シーザスターズ(2009年)、トレヴ(2013年、2014年連覇)、エネイブル(2017年、2018年連覇)など錚々たる名馬が優勝。日本馬は1969年のスピードシンボリから、昨年のディアドラまで延べ27頭が参戦したが、残念ながら1999年のエルコンドルパサー、2010年のナカヤマフェスタ、そして2012年、2013年のオルフェーヴルの2着が最高成績となっている。

コース形態

シャティン競馬場・芝2000メートルのコース図

スタート地点は、1・2コーナー中間地点の奥にある、競馬場名物の赤い風車の真下だ。スタートから1000mほどは直線で、スタンドから見ると3コーナーへ向けて、コースはどんどん遠ざかっていくレイアウトになっている。スタートから400mを過ぎた辺りから上り坂になり、直線出口の最高到達ポイントまで高低差にして10mほど上った後、コースは右に緩やかにカーブしながら下り坂となる。残り800mの地点までに10mを下りきると、そこから250mほどが直線。ここが俗に言われるところの「フォルスストレート(偽りの直線)」で、下り坂の直後だけにペースが上がりがちなのだが、ここで仕掛けてはいけないというのが、ロンシャン攻略の鉄則の1つとなっている。フォルスストレート後の緩やかなコーナーを抜けると、長さ533mのホームストレッチだ。

過去5年の結果

馬場状態 頭数 1着馬名 騎手 調教師 勝ちタイム 2着 3着
2020年 不良 11頭 フランスソットサス C.デムーロ JC.ルジェ 2:39.30 フランスインスウープ フランスペルシアンキング
2019年 12頭 フランスヴァルトガイスト P.ブドー A.ファーブル 2:31.97 イギリスエネイブル フランスソットサス
2018年 19頭 イギリスエネイブル L.デットーリ J.ゴスデン 2:29.24 イギリスシーオブクラス フランスクロスオブスターズ
2017年 18頭 イギリスエネイブル L.デットーリ J.ゴスデン 2:28.69 フランスクロスオブスターズ イギリスユリシーズ
2016年 16頭 アイルランドファウンド R.ムーア A.オブライエン 2:23.61 アイルランドハイランドリール アイルランドオーダーオブセントジョージ

 

ブックメーカーオッズ(単勝オッズ)

オッズ 馬名
4.33 タルナワ
4.33 アダイヤー
4.33 ハリケーンレーン
5.0 スノーフォール
11.0 クロノジェネシス
15.0 アレンカー
29.0 ラービアー
29.0 ディープボンド
41.0 モジョスター
41.0 シリウェイ
67.0 ブルーム
81.0 トルカータータッソ
101.0 バブルギフト
151.0 ベイビーライダー

コメント