【第100回凱旋門賞】有力馬診断

凱旋門賞
スポンサーリンク

この記事では2021年10月3日(日)のパリロンシャン競馬場で行われる【凱旋門賞】の出走予定馬の診断をしていく。

当たると評判のタマトのワイドはこちらの紹介文にて公開中!

凱旋門賞 2021有力馬診断​

2 ディープボンド 牡4 59.5 バルザローザ

フォア賞を逃げ切り勝ち。Cデムーロが直前で乗れなくなったのは痛手。
コースも一度経験あるので、メンバーが上がるが、楽しみな一頭。日本馬初制覇となるか。

3 ブルーム 牡5 59.5 武豊

日本のレジェンド「武豊」騎乗。オブライエンが送り出す、ブルーム。
フォア賞ではディープボンドに逃げ切られたが、前哨戦。本番は一変。

4 タルナワ 牝5 58 スミヨン

前走の愛チャンピオンS(G1)は、僅差でセントマークスバシリカに敗れたとはいえ、2,000mだったのと、直線向いて外外へ追い出され、上手く追えず。それでも着差はわずか。ほぼ勝ちに等しい。
スミヨンを背に、凱旋門のタイトルを。

7 クロノジェネシス 牝5 58 マーフィー

日本が誇るグランプリ馬、北村友一ジョッキー、日本中の期待を背をって
いざ凱旋門。馬場こなせれば、日本悲願の達成も。期待したい。

10 アダイヤー 牡3 56.5 ビュイック

英ダービー、キングジョージと制覇。前哨戦のニエル賞を使えず、キングジョージからと間が空いてしまったが、、欧州3大レース制覇の馬になるか。大いに注目だ。

11 ハリケーンレーン 牡3 56.5 ドイル

デビューから7戦6勝のフランケル産駒。パリ大賞では同条件、道中2番手で進めて直線半ばで抜け出し、後続に6馬身差をつけて圧勝。愛ダービー、英セントレジャー見事にG1・3連勝を達成。ジンクスがあるとすれば過去99回の凱旋門賞において、英セントレジャーの勝ち馬がそのまま連勝した例は一度もない、またドイルとは初コンビになる。

15 スノーフォール 牝3 55 ムーア

日本産ながらアイルランド調教のディープインパクト産駒。ディープインパクトの無念を晴らせるか。前走のメルヴェイユ賞では、連勝が止まってしまったがあまりにもペースが遅かった、あくまで、前哨戦。コースも道悪もOK。ディープインパクト産駒が世界の頂点に立つ瞬間を期待したい。

 

コメント