【京都大賞典2021年】有力馬診断

京都大賞典
スポンサーリンク

この記事では2021年10月10日(日)の阪神11Rで行われるG2【京都大賞典】の出走予定馬の診断をしていく。

当たると評判のタマトのワイドはこちらの紹介文にて公開中!

京都大賞典 2021有力馬診断​

3 ステイフーリッシュ 牡6 56.0 川須

昨年の京都大賞典では5着。京都開催だったので阪神開催の今回はあまり関係はないか。3走前の京都記念も阪神開催だったが2着と好走している。懸念としては鞍上が川須なことか。

4 モズベッロ 牡5 56.0 池添

宝塚記念8着からの参戦。池添が鞍上なのはプラス要素。池添が鞍上の時はG2に2回参戦し、どちらも好走している。宝塚から2kg斤量が低いのも好感。

9 アリストテレス 牡4 57.0 Mデム

デビュー後の阪神開催レースでは好走できていたが、直近の阪神開催では結果が出せていない。重賞で相手が強いというのもあるが、阪神が合っていない可能性も否定できない。

11 キセキ 牡7 57.0 和田竜

阪神開催の宝塚記念では3年連続で5着以内をキープしている。阪神大賞典は3000mなのでカウントしなくてもいいだろう。今回の相手関係で言えばここは3着は硬いか。

14 ヒートオンビート 牡4 56.0 戸崎圭

初重賞で2着はすごいが、ハンデ重賞の目黒記念な点はあまり評価ができないか。ここで結果を出せるか。

コメント