天皇賞・秋(G1) 2021予想 全頭診断

天皇賞・秋
スポンサーリンク

この記事では2021年10月31日(日)の東京11Rで行われるGⅠ【天皇賞・秋】の出走予定馬の診断をしていく。

当たると評判のタマトのワイドはこちらの紹介文にて公開中!

天皇賞・秋 2021全頭診断​

1 コントレイル 牡4 58 福永

昨年は、クラシック三冠無敗制覇。その後アーモンドアイに敗れたジャパンカップ(2着)、今年の初戦は、重馬場に苦しんだ大阪杯(3着)と連敗してる。この秋で引退、予定ではこのレースとジャパンCで終える。ここも全力投球であろう。

2 カデナ 牡7 58 田辺

直近は馬券内、5着以内すらも入れてない状況。

3 モズベッロ 牡5 58 池添

春の大阪杯では天候と馬場が見方した。コントレイル 、グランアレグリアに先着も
この条件では厳しいか。

4 ポタジェ 牡4 58 川田

デビューから安定した成績、ただまだ重賞未勝利、いきなりG1勝つのはハードルが高そう、、
ただ怖い存在である。

5 エフフォーリア 牡3 56 横山武

無敗の皐月からダービーは惜しくも2着。ほぼ勝ちに等しい内容だったが、、
菊花賞には向かわず、天皇賞・秋に。古馬との挑戦を選んだ。
エピファ産駒も東京も○

6 トーセンスーリヤ 牡6 58 横山和

今年のサマー2,000のチャンピオン。ただG1でのハードルは高そう。

7 ワールドプレミア 牡5 58 岩田康

今年の天皇賞・春を制した。昨年はフィエールマンが天皇賞・春から連対したものの、
この馬の狙いは、JC、有馬記念か。。

8 サンレイポケット 牡6 58 鮫島駿

ポタジェを買うなら穴として入れておきたいか。
新潟大賞典ではタイム差なしで勝ってる。毎日王冠のレースを見る限り好走のハードルは高そうか。。

9 グランアレグリア 牝5 56 ルメール

輝かしいGⅠ5勝の実績。女帝。天皇賞・秋を制した場合、スプリンター、マイルと3つの距離のG1制覇と史上初が見えてくる。

10 カイザーミノル 牡5 58 横山典

横山親子の共演が楽しみである。

11 ムイトオブリガード 牡7 58 柴田善

厳しいか。

12 ラストドラフト 牡5 58 三浦

厳しいか。

13 ペルシアンナイト 牡7 58 大野

札幌記念では見せ場たっぷりの3着。
府中はどうかも大野ジョッキーとのコンビに期待。

14 カレンブーケドール 牝5 56 戸崎圭

善戦マン。勝利もわずか2つ。ここであっと驚くような展開はあるのか。

15 ヒシイグアス 牡5 58 松山

上馬だ。ただ、中山金杯からのレースは容易ではない。

16 ユーキャンスマイル 牡6 58 藤岡佑

金子オーナーの驚く展開はあるか。

コメント