ジャパンC(G1) 2021予想 全頭診断

ジャパンC
スポンサーリンク

この記事では2021年11月27日(日)の東京11Rで行われるGⅠ【ジャパンC】の出走予定馬の診断をしていく。

当たると評判のタマトのワイドはこちらの紹介文にて公開中!

ジャパンC 2021全頭診断​

1 ムイトオブリガード 牡7 57 柴田善

2桁着順が続いてる。。

2 コントレイル 牡4 57 福永

無敗の三冠馬。このレースを最後にターフを去る。前走の天皇賞・秋ではスタート今ひとつで
それが最後影響した。距離もまだ許容範囲内。究極の仕上げ。有終の美を。
この先の仕事が待ってる。

3 ブルーム 牡5 57 ムーア

アイルランドの馬。ムーア鞍上も怖いが、、今年は11戦も走ってるようだ。前走も
ブリダーズでも惜しい2着。ただここはメイチではないだろう。。

4 シャフリヤール 牡3 55 川田

今年のダービー馬。天皇賞・秋を制した、エフフォーリアを差し切ってる。
単純計算だと、古馬でも通用するし、コントレイルを脅かす存在。来年はエフフォーリアと
競馬会をリードする存在だろう。

5 キセキ 牡7 57 和田竜

一昨年のような競馬ができれば、昨年も大逃げでペースが早かったが、あわやのシーンを作った。
スタートで遅れず、自分の競馬ができるか。

6 グランドグローリー 牝5 55 Cデムーロ

フランスから参戦。G1も制してるようだが、重たい馬場なら。日本向きではないか。

7 オーソリティ 牡4 57 ルメール

2年連続で、アルゼンチン共和国杯を制覇。今年は骨折明け、57.5キロの斤量で完勝。
相手関係、時計を考えると物足りないが、ここにきて覚醒した可能性も。

8 ウインドジャマー セ4 57 北村宏

厳しいか。

9 アリストテレス 牡4 57 横山武

春は全く見せ場なく。。前走も、京都大賞典で2着と格好は付けたが、勝ち馬は8歳マカヒキが
復活。まだトップレベルには。。

10 ロードマイウェイ 牡5 57 三浦

厳しいか。

11 シャドウディーヴァ 牝5 55 横山典

厳しいか。

12 サンレイポケット 牡6 57 鮫島駿

天皇賞・秋では3強に迫ったものの、、まだG1レベルにはないか。。
穴としては面白いが。

13 モズベッロ 牡5 57 池添

道悪にならないと、、

14 ユーバーレーベン 牝3 53 Mデムーロ

今年のオークス馬。ぶっつけの秋華賞は全く見せ場なく、体調も問題があったよう。
このコース、斤量も恩恵があるので見せ場は作れるか。

15 マカヒキ 牡8 57 藤岡康

前走の復活劇は感動もの。さらにメンバーレベルが上がるここで現状だと。
この中でダービー最年長馬として見せ場が見たい。

16 ユーキャンスマイル 牡6 57 藤岡佑

失速してしまった印象。。

17 ワグネリアン 牡6 57 戸崎圭

前走はカンフル剤的な形で、マイルに参戦。ただ、、ピークすぎたか。

18 ジャパン 牡5 57 武豊

このレースを最後に種牡馬になる予定とのこと。ジャパンでジャパンCを盛り上げてほしい。

 

コメント