大阪杯(G1) 2022予想 全頭診断

大阪杯
スポンサーリンク

この記事では2022年04月3日(日)の阪神11Rで行われるGⅠ【大阪杯】の出走予定馬の診断をしていく。

当たると評判のタマトのワイドはこちらの紹介文にて公開中!

大阪杯 2022全頭診断​

1 スカーフェイス 牡6 57 岩田康

GIのメンバー相手に斤量57キロでは厳しいか。

2 レッドジェネシス 牡4 57 藤岡康

菊花賞では1番人気に支持されたが、二桁着順が続く。。

3 ヒュミドール セ6 57 Mデムーロ

G3でハンデ戦で馬券内にきたが、G1では厳しいか。

4 ジャックドール 牡4 57 藤岡佑

昨秋から5連勝。前走金鯱賞で記録した1分57秒2はレコード。遅れてきた大物、怪物候補だ。
藤岡佑介も久々のG1美酒。2勝目もすぐそこに。

5 アカイイト 牝5 55 幸

昨年はアット驚く、エリザベス女王杯勝ち。前走金鯱賞でも3着とG1勝ちがフロックではないことを証明。叩いてどこまで。

6 エフフォーリア 牡4 57 横山武

昨年の年度代表馬。有馬記念などGⅠ3勝をマークした昨年の活躍は記憶に新しいところ。
昨年の天皇賞・秋ではコントレイル、グランアレグリア。有馬記念では、クロノジェネシスを下し、
現役最強。始動戦が楽しみだ。

7 ウインマリリン 牝5 55 松岡

昨年は日経賞、オールカマーと牡馬混合重賞を2勝。いずれも内枠の利を最大限に活かした勝利。
横山武Jはエフのため松岡J まだ関西圏では好走できないので狙いづらいが、レイパパレに勝ってる
実績はあり。

8 ポタジェ 牡5 57 吉田隼

常に堅実な成績を残せるタイプ。天皇賞秋では6着だったがG1でも通用の余地あり。

9 アリーヴォ 牡4 57 武豊

小倉巧者。当初はルメールJが乗る予定だったが、急遽レジェンド騎乗。
G1では?疑問だが、連勝の勢いでどこまで。

10 ヒシイグアス 牡6 57 池添

昨年は破竹の4連勝で中山記念を制覇。その後休み明けでは、天皇賞秋5着に好走。
そして、香港でも好走。G1ではあと一歩のところだ。

11 ステラリア 牝4 55 福永

前走の休み明け、金鯱賞では惨敗。。叩いてどうか。福永Jに乗り替わり。

12 ショウナンバルディ 牡6 57 坂井

G1では厳しいか。

13 キングオブコージ 牡6 57 横山典

前走AJCCでは鮮やかな差し切り。もともと素質はあっただけにG1へと駒を進めた。
ただ、距離は若干短い印象だ。狙いは宝塚か。

14 レイパパレ 牝5 55 川田

昨年の覇者。アット驚く逃げ切り。コントレイル、グランアレグリア等、寄せ付けず。
ただその後勝利がない状況。連覇を目指して。

15 アフリカンゴールド セ7 57 国分恭

前走勝利には驚かされたが、当時は1000m通過61秒7のスロー逃げがハマった感。
G1では厳しいが、楽しんで走って欲しい。

16 マカヒキ 牡9 57 岩田望

とうとう9歳に。。まだ現役で頑張ってる姿。怪我なく走って欲しい。

 

コメント