桜花賞(G1) 2022予想 全頭診断

桜花賞
スポンサーリンク

この記事では2022年04月10日(日)の阪神11Rで行われるGⅠ【桜花賞】の出走予定馬の診断をしていく。

当たると評判のタマトのワイドはこちらの紹介文にて公開中!

桜花賞 2022全頭診断​

1 ナムラクレア 牝3 55 浜中

小倉2歳Sの勝ち馬、昨年暮れの阪神JFでは、追い込んで5着。将来的にはスプリント路線で活躍して
行くと思うが、今の出来でどこまで。

2 カフジテトラゴン 牝3 55 古川吉

ダートで。

3 アルーリングウェイ 牝3 55 藤岡佑

エルフィンSでは、2番手から突き抜けた。相手が強くなってどこまでだが、
将来的にはスプリント路線だろう。

4 パーソナルハイ 牝3 55 吉田豊

唯一のディープインパクト産駒。抽選突破。ただ折り合いに不安もありドバイでの活躍の
吉田豊Jが気分良く運べるか

5 ピンハイ 牝3 55 高倉

チューリップ賞では、内から勝負根性を出し2着。サークルオブライフに先着した
馬体が小さく、これ以上馬体重が下がると、、

6 ウォーターナビレラ 牝3 55 武豊

阪神JFでは3着。前走のチューリップ賞では、いかにもトライアルというレースだった。
叩いて本番。巻き返しを警戒。

7 サブライムアンセム 牝3 55 岩田望

フィリーズレビューでは強い内容で勝った。ここでも。

8 スターズオンアース 牝3 55 川田

馬券内率は100%と安定。川田Jに乗り替わりとなるが、相性は良さそう。
相手なりというだけに勝ち切れるとなると決め手が欲しいか。

9 クロスマジェスティ 牝3 55 武藤

アネモネSは強かったが、データ的には厳しいか。

10 ライラック 牝3 55 福永

馬体重が減り続けるのが課題。マイルでは強い内容。

11 ラブリイユアアイズ 牝3 55 坂井

前走は阪神JF。当時は人気はなかったが、激走。
決めてもあるが、直行でどこまで。

12 ベルクレスタ 牝3 55 吉田隼

東京での好走が目立つ。阪神JFでは6着。成長してどこまで。

13 ラズベリームース 牝3 55 池添

アネモネSの2着馬。

14 プレサージュリフト 牝3 55 戸崎圭

出遅れながらも、クイーンCは外から強い勝ち方。無敗も魅力だが、初の右回り
阪神が合うか。

15 アネゴハダ 牝3 55 幸

フィリーズレビューでは3着。

16 サークルオブライフ 牝3 55 Mデムーロ

阪神JF勝ち馬。前走のチューリップ賞は、前めでの競馬を。
トライアルという内容だった、叩いて、さあ桜花賞へ。決めてはナミュールだが、
安定するレース運びでどこまで。

17 フォラブリューテ 牝3 55 ルメール

アルテミスSでは人気に応えられず、、年明けの条件戦で快勝。ルメールさんがここまで人気のない
馬に乗るのは怖いが、馬券内までは。。

18 ナミュール 牝3 55 横山武

チューリップ賞では、前がつまったところから外に持ち出し、決め手を繰り出した。
やはり能力はNO,1だ。出遅れないことと、大外枠、そして何より鞍上のタケシJが
上手くエスコートすれば勝てる可能性が高い。

 

コメント